PR

スポーツ スポーツ

巨人-阪神などで開幕 プロ野球、一部日程発表

 セ、パ両リーグは1日、開幕日の6月19日から約1カ月分の公式戦日程を発表した。開幕カードはセが巨人-阪神(東京ドーム)のほか、ヤクルト-中日(神宮)、DeNA-広島(横浜)、パが西武-日本ハム(メットライフドーム)、ソフトバンク-ロッテ(ペイペイドーム)、オリックス-楽天(京セラドーム大阪)で、いずれもナイターで行われる。

 セは7月23日までの計90試合、パは7月19日まで計81試合を発表。感染状況の推移が不透明のため、発表は約1カ月分にとどめた。

 移動による感染リスク軽減のため、両リーグとも可能な限り移動回数を減らす日程を組んだ。セは、開幕から7月2日までは全てナゴヤドームから東の球場で開催、同7~16日は全てナゴヤドームから西で実施する。同10~12日の巨人-ヤクルトの3連戦は、ほっともっとフィールド神戸で開催する。パは、本拠地が分散しているため、開幕カード3連戦後の4カードは6連戦で実施する。

 クライマックスシリーズ(CS)の開催についてはセ、パともに発表を見送った。12球団は6月2日から練習試合を再開し、開幕に向けた準備を整える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ