PR

スポーツ スポーツ

来夏にラグビーW杯方式大会を コロナ救済で提案 イングランド元幹部

 新型コロナウイルスの感染拡大で損害を受けたラグビーの各国・地域協会の救済を目的に、イングランド協会の元幹部が来夏にワールドカップ(W杯)方式の大会開催を提案していると、英紙テレグラフ(電子版)が26日、報じた。各協会に分配する収益は2億5千万ポンド(約332億5千万円)を目標にしている。

 素案では来年6、7月に日本やW杯日本大会優勝の南アフリカなど16チームを招待し、英国とアイルランドを会場に31試合を開催するとしており、既に国際統括団体のワールドラグビー(WR)とイングランド協会に提出した。発案者のフランシス・バロン氏は2015年W杯イングランド大会招致に尽力した同協会の元最高責任者で「例外的な危機には例外的な手段」が必要だと訴えている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ