PR

スポーツ スポーツ

Jリーグ再開は7月上旬の無観客が有力、29日の実行委で確定目指す

 新型コロナウイルス対策連絡会議を終え、オンラインで合同記者会見するJリーグの村井満チェアマン=22日午後
 新型コロナウイルス対策連絡会議を終え、オンラインで合同記者会見するJリーグの村井満チェアマン=22日午後

 Jリーグは22日に感染症の専門家から再開に向けた提言を受け、各クラブの代表者らによる臨時実行委員会を開催。29日の臨時実行委で再開日を確定させたい考えで、現状では7月上旬の無観客開催が有力とみられる。

 オンラインでの臨時実行委後、Jリーグの村井満チェアマンは「再開の方向で議論したい。無観客について異論はなかった」などと述べた。感染拡大リスクを最小限にするため、ガイドラインに沿って選手やスタッフの健康管理を徹底し、当面の間は無観客試合となりそうだ。

 海外リーグでは再開への動きが本格化している。フランスなどが今季の試合を打ち切った一方、16日にドイツが無観客で再開。オーストリアやポルトガルが6月初旬の再開を発表したほか、イングランドやスペイン、イタリアといった主要リーグも6月中の再開を目指している。

 Jリーグ各クラブも再開に備えて次々に再始動している。再開へ向けて選手に必要とみられるのは4~5週間のトレーニング。選手はコンディションを整える一方、Jリーグやクラブは国民や自治体の理解を得られる感染予防策、関係者の感染が発覚した際の対応策を定めたガイドラインの作成を急ぐ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ