PR

スポーツ スポーツ

ラグビー元日本代表の大野が引退会見「やり残したことない」

元日本代表LO大野均(東芝提供)
元日本代表LO大野均(東芝提供)

 ラグビー元日本代表で歴代最多の98キャップを持ち、現役引退を発表した東芝のロック大野均(42)が22日、オンラインで会見を開き「これだけ多くの試合を素晴らしいスタッフ、選手たちと戦うことができ、感謝しかない」と心情を語った。

 引退の理由を「1年ほど前からひざの痛みが出てきて回復が見られず、昨年のワールドカップ(W杯)での日本代表の躍進や東芝の若い選手の台頭を頼もしく感じ、やり残したことはないと感じた」と説明。今後については「東芝に恩返しできるような活動をしながら、自分にしかできない道を見つけ、日本ラグビー界に貢献したい」と力を込めた。

 印象に残った試合には2013年に日本がウェールズを23-8で破った試合を挙げ、「04年に100点差(0-98)で負けたウェールズに対し、9年後に勝てるとは思っていなかった」と振り返った。

 福島県出身。「11年に東日本大震災があって、今でもつらい思いをしている人たちがたくさんいる中で、苦しさをひと時でも忘れられる試合をしたい、そういう思いで続けてきた」と、東北への思いを口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ