PR

スポーツ スポーツ

力士らの抗体検査スタート 日本相撲協会

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は18日、報道陣の代表電話取材に応じ、力士ら希望する協会員を対象にした新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「抗体検査」を同日から開始したと明らかにした。初日のこの日は2部屋43人が検査を受けたという。今後は1日2、3部屋、計40~50人ずつ検査を行っていくとしている。

 大相撲では高田川部屋の三段目、勝武士(しょうぶし)さん(本名・末武清孝)が13日に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなった。同協会は協会員の不安を緩和する目的や、今後の本場所開催に向けた取り組みに生かすため、希望する協会員に抗体検査を実施する方針を示していた。

 対象は力士、親方、呼び出し、床山、行司ら計約1千人にのぼり、全ての相撲部屋の検査を終えるまでに約1カ月かかる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ