PR

スポーツ スポーツ

ラグビー大野均が現役引退 日本代表最多キャップ98

 大野均氏
 大野均氏

 ラグビーのトップリーグ、東芝は18日、日本代表歴代最多キャップ98を持ち、ワールドカップ(W杯)3大会に出場した42歳のロック大野均が現役を引退すると発表した。22日に記者会見を開く。

 福島県出身の大野は日大工学部でラグビーを始めて2001年に東芝入り。体を張った献身的なプレーが持ち味で04年に日本代表デビューした。自身3度目の出場となった15年W杯イングランド大会では強豪の南アフリカを破る金星に貢献した。最後の代表戦出場は38歳だった16年6月のスコットランド戦だった。

 東芝には19年在籍し、トップリーグ3連覇などに輝いた。スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズでもプレーした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ