PR

スポーツ スポーツ

甲子園中止でも地方大会は…「最後の夏」球児の思い届くか

大阪・履正社の初優勝で幕を閉じた昨夏の甲子園大会=令和元年8月、兵庫県西宮市(桐原正道撮影)
大阪・履正社の初優勝で幕を閉じた昨夏の甲子園大会=令和元年8月、兵庫県西宮市(桐原正道撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大が、球児たちが憧れの聖地に立つ機会をまたも奪ってしまうかもしれない。甲子園球場(兵庫県西宮市)で8月10日開幕予定の全国高校野球選手権大会が、中止される可能性が高まっている。日本高野連は20日に運営委員会を開いて協議するが、春の選抜に続いて夏の選手権も中止となれば、戦時中の中断を除けば初めての事態だ。「最後の夏」に懸けてきた3年生は、このままグラウンドでプレーすることなく高校野球を終えてしまうのだろうか。  (高校野球取材班)

迫るタイムリミット

 「各都道府県が休校措置の解除、部活動の開始、対外試合の取り扱いなど今後どのような対応がなされるかを含め、情報収集に努めたいと思います」。政府が緊急事態宣言を39県で解除したことを受け、日本高野連の小倉好正事務局長は14日、こうコメントを発表した。

 コメントからは状況を静観しながら開催への機運を探る構えにもみえるが、外堀は埋まりつつある。

 4月26日には、同時期に開催予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止が早々に決定。全国大会は参加する生徒の移動や長期の宿泊を伴い、感染リスクが高い。しかも甲子園球場がある兵庫県は、いまだ緊急事態宣言が解除されていない8都道府県の一つだ。

 平成7年の選抜大会は阪神大震災のわずか2カ月後に開催された。その際の日本高野連事務局長だった田名部和裕氏は「25年前は震災発生から2カ月がたち、世間の人たちに明るい話題への渇望感が起こってきたのが開催への後押しになったと思う」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ