PR

スポーツ スポーツ

井上尚弥、3団体統一戦延期「むなしさはない」 10日で27歳に

10日で27歳を迎えた井上尚弥(大橋ボクシングジム提供)
10日で27歳を迎えた井上尚弥(大橋ボクシングジム提供)

 世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が、10日に迎える27歳の誕生日に合わせて報道各社からの質問に書面で応じた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、25日にネバダ州ラスベガスで予定されていた世界ボクシング機構(WBO)同級王者、ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期されたが、「世界的な状況を見て延期になると覚悟していたので、むなしさはありません。お互いベストでリングに上がれるよう、精進していくだけです」と決意を示した。

 延期日程が見通せない中で続く調整について、井上尚は「いつ試合が決まってもいいように、最低限スキルを落とさないよう、6割程度で練習を進めています」と説明。横浜市の所属ジムは感染防止対策で4月末まで閉鎖されており、現在は「人がいない時間帯でのロードワーク」などに取り組んでいるという。

 ウイルスの感染拡大に関しては「非常に大変な問題ですね。一人一人が意識を変えていかないといけない状況です」と主張。自宅での過ごし方については「子供と遊んだり、映画を見たり、家族のストレスをためないように過ごしています」と説明した。

 19歳でプロデビューしてからの8年を「自分でも想像を超えるキャリアを築けています」と振り返り、27歳を迎えた抱負については「今年も驀進(ばくしん)するのみです」と力強く語った。(奥村信哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ