PR

スポーツ スポーツ

サッカー神戸・酒井高徳がPCR検査で陽性

PCR検査で陽性を示した酒井高徳=ノエビアスタジアム神戸(撮影・山田喜貴)
PCR検査で陽性を示した酒井高徳=ノエビアスタジアム神戸(撮影・山田喜貴)

 サッカーJリーグのヴィッセル神戸は30日、元日本代表DFの酒井高徳(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手から新型コロナウイルスの陽性反応が出たのは初めて。

 クラブによると、酒井は25日夜に38・0度の発熱と体調不良を訴え、26日のトレーニングを休んだ。同日に兵庫県内の病院を受診し、急性上気道炎と診断された。その後も症状が治まらず、27日に再び発熱。頭痛や咽頭痛の症状もあったという。28日にはにおいを感じないなどの症状も表れたため、医師の助言を受けてPCR検査を受けた。

 酒井以外に新型コロナウイルス感染症やかぜの症状が出ている選手やスタッフはいない。保健所の指導の下、濃厚接触者の特定や、トレーニング施設の消毒などの対応を行うという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ