PR

スポーツ スポーツ

阪神藤浪らコロナ陽性で感染防止策のもろさ露呈 4月24日開幕にも影響か

 ただ、実際に感染者が出てしまった以上、球団に問われるのは今後の対応だ。これまでもチームドクターらと連携し、感染防止への意識改革を行ってきたが、さらなる対策強化が必要だ。感染経路は現時点で不明で、阪神の谷本修球団本部長は「クラスター感染にならないように慎重に対応したい」と話す。今はプロ野球の開幕を前提にした協議ではなく、感染拡大を防ぐための対策に全力を挙げなければいけない。(丸山和郎、上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ