PR

スポーツ スポーツ

【鬼筆のスポ魂】再開迎えるプロ野球の観戦マナーが五輪の追い風に 植村徹也

「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会議を終え、記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(手前)ら=23日午前、東京都港区
「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第4回会議を終え、記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(手前)ら=23日午前、東京都港区

 開幕延期を決めた騒動の中で日本プロ野球界の首脳が改めて実感したのは、日本の健康管理制度の素晴らしさや生活習慣の清潔さだ。そして迎えるプロ野球開幕日(4月24日予定)は世界中に日本人の礼儀正しさや素晴らしさを発信できる格好のチャンスとみている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球は3月20日の開幕日を延期。23日に行われたJリーグとの「第4回新型コロナウイルス対策連絡会議」での専門家チームの提言を受け、12球団代表者会議で「シーズン開幕は最短で4月24日とする」ことを決めた。

 都合4回開かれた連絡会議で、専門家チームの現状認識などをヒアリングした球界首脳の口から出てきた言葉は「やはり日本は素晴らしい国」という感想だった。

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは今や世界に蔓延(まんえん)し、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「パンデミック(世界的な大流行)が加速している」と会見で話した。世界の感染者は40万人に迫った。中国の8万1千人に続き、イタリアなどの欧州や米国では感染拡大の速度が上がっている。こうした状況下、日本では国内感染者数は1192人でクルーズ船の乗船者などを含めても1918人(いずれも24日現在)と比較的、感染拡大を抑えられている。

 まだまだ安心はできない状況とはいえ、なぜ日本では患者数を抑制できているのか。あくまでも専門家チームの説明を聞いた球界幹部の感想だが、「日本の昔からある健康保険制度や生活習慣がいいからだ…とつくづく思った」と話した。大きく分けて理由は5つ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ