PR

スポーツ スポーツ

「準備の時間できた」「必要な試練」…五輪・パラリンピック延期、関西スポーツ界の影響

 また、リオデジャネイロパラリンピック陸上男子走り幅跳び銀メダリストで37歳の山本篤(新日本住設)は「モチベーションは維持できる。年齢のことはあるが、技術的に伸ばせる余裕ができたと前向きに捉えたい」。過去3大会に出場した車いす陸上の松永仁志(WORLD-AC)は「世界中が困難な状況の中、五輪・パラリンピック開催が支持されたことに感謝し、安堵している」とした上で「活動に大きく影響が出ると考える。しかし、そういったことを乗り越えることも、アスリートには必要な試練。準備期間が延びたことを逆に強みとし、さらなる高みを目指し、変わらない活動を続けていく」と決意表明した。

 京都市を拠点とする車いすフェンシング協会の活動を長年に渡って支えてきた小松真一理事長は「次の世代を担う若い選手がランキングを上げるチャンス」と前向きに捉えつつ、競技団体の運営については「次の人に譲りたい。大会の会場設営など根気が必要な仕事なので、(延期によって本番までの準備期間が延び)他競技の人も大変だと思っているのではないか」と素直な気持ちを口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ