PR

スポーツ スポーツ

【大相撲徳俵】「集中できない」「寂しい」 初の無観客となった春場所 力士たちはどう感じたか

大相撲春場所で11勝を挙げて大関昇進を果たした朝乃山(右)は無観客に「寂しかった」=エディオンアリーナ大阪(門井聡撮影)
大相撲春場所で11勝を挙げて大関昇進を果たした朝乃山(右)は無観客に「寂しかった」=エディオンアリーナ大阪(門井聡撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大相撲春場所は3月22日に大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で千秋楽を迎え、15日間の戦いが終わった。新型コロナウイルスの影響で史上初の無観客開催となった異例の場所。声援の聞こえない中で土俵に上がった力士たちは、どんな思いを抱いていたのか。さまざまな声が聞こえてきた。

 11勝4敗の好成績で大関に昇進することになった朝乃山。「自分の相撲を取り切っていい報告ができたらみなさんも元気になる。明るいニュースを届けられたらいい」と思って初日を迎えた。いざ会場に入ってみると「本当にシーンとしていた。寂しかった」という。

 近大時代を過ごした大阪での開催ということもあり、本来であれば大歓声をもらっていたはず。「声援がないというのは寂しかった」と振り返り、新大関として迎える来場所に向け「できればいつもの場所のようにお客さんが入って声援を受けられたら」と話した。

 無観客の中で相撲を取ることに対し、「集中できない」と話す力士もいれば、「集中できる」と感じる力士もいた。

 ベテランの平幕松鳳山は4勝11敗と大きく負け越した。観客の声援を力に変えるタイプで「いまいち調子が上がらなかった。お客さんがいると十二分に集中できるんだけど…」と勝手が狂ったよう。「近くに目があるのと(テレビの)向こうに目があるのでは全然違う。(館内で)見てくれる人がいるのはありがたい」としみじみ語った。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ