PR

スポーツ スポーツ

朝乃山は「朝潮」に改名せず 「いろんな思い込められている」

記者会見で笑顔を見せる朝乃山。右は高砂親方、左から母の佳美さん、父の靖さん=25日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)
記者会見で笑顔を見せる朝乃山。右は高砂親方、左から母の佳美さん、父の靖さん=25日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)

 大関に昇進した朝乃山は記者会見で現在のしこ名のまま闘い続ける意向を示した。

 高砂部屋には師匠も名乗った由緒ある「朝潮」のしこ名がある。だが新大関は「朝乃山の『山』には、いろんな思いが込められている。朝潮の名は偉大だし、もらえるものではない」と話した。

 「山」は故郷の富山県や母校、富山商高の恩師である浦山英樹監督(故人)にちなんでいる。しこ名の「英樹」も同監督からもらった。師匠の高砂親方(元大関朝潮)も「もろもろあって付けてもらったしこ名。大事にしていった方がいい」と理解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ