PR

スポーツ スポーツ

JOC山下会長「1年は妥当」 五輪パラ延期決定に 

国際オリンピック委員会(IOC)の発表を受け、取材に応じる日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(手前中央)=東京都新宿区(蔵賢斗撮影)
国際オリンピック委員会(IOC)の発表を受け、取材に応じる日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(手前中央)=東京都新宿区(蔵賢斗撮影)

 東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まったことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は25日、東京都内で記者会見を開き、「苦渋の決断だったと思う。新型コロナウイルスの拡散状況を見ると、1年は妥当なところ」と述べた。

 山下会長は、延期による選手選考への影響にも言及した。「各競技団体(NF)は悩むところ。今回の選考を白紙にするNFが出てきたときは、(代表選手が)幻に終わる可能性がないわけではない」。JOCとしては、今後のNFの決定を尊重するとした。不安の渦中にいる選手には、「腐らず諦めず、もう一回自分自身を奮い立たせて、来年に向けてチャレンジしてほしい」とメッセージを送った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ