PR

スポーツ スポーツ

【野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志】シーズン見据えいい準備を

 ドーム球場じゃなかったから、グラウンドには大量の花粉が舞っていた。当時は花粉症という言葉も使われていなかった。診断はアレルギー性鼻炎。世間的な認知度も低く、今のように治療法や対処法も広まっていなかった。目のかゆみは収まらないし、夜も絶え間なく鼻水が出る。熟睡できない日々が4月中旬まで続いた。苦い思い出だ。

 ともあれ、選手もチームもうまく開幕ダッシュしたいもの。ことに前シーズンで低迷したチームはそうだろう。昨季、借金23でセ・リーグ最下位となったヤクルトの首脳陣は「(開幕月に)貯金できるように頑張ります」と話していた。

 新型コロナウイルスという見えない敵を打ち払えるのがいつになるのか分からず、選手も不安だろう。だが、気を緩めることなくいい準備を続けてほしい。

(野球評論家)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ