PR

スポーツ スポーツ

全幕内力士らがそろって挨拶「相撲の力で勇気や感動届ける」

初日、協会御挨拶を行った、八角理事長ら=エディオンアリーナ大阪(林俊志撮影)
初日、協会御挨拶を行った、八角理事長ら=エディオンアリーナ大阪(林俊志撮影)

 新型コロナウイルス対策拡大を受けて、史上初の無観客開催となった大相撲春場所初日の8日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が、白鵬、鶴竜の両横綱をはじめ全幕内力士や審判委員らが土俵下に勢ぞろいして挨拶した。

 八角理事長が行った挨拶の主な内容は以下の通り。

 「お客様のいない本場所の土俵は、力士にとっても非常に厳しい土俵となりますが、全国から応援してくださっている郷土の皆様の歓声、声援を心に感じ、精一杯の土俵を務め、テレビでかご観戦の皆さまのご期待にお応えするものと存じます。

 力士の四股は、邪悪なものを土俵の下に抑え込む力があると言われてきました。横綱の土俵入りは、五穀豊穣と世の中の平安を願って行われてきました。力士の体は健康を象徴するものと言われてきました。

 大相撲の持つ力が、日本はもちろん、世界中の方々に勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことができるよう、協会員一同、15日間全力で努力する所存です。千秋楽まで温かいご声援を賜りますよう、お願い申し上げます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ