PR

スポーツ スポーツ

静岡の「日本平桜マラソン」が開催中止 新型肺炎受け

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月5日に開催を予定していた「日本平桜マラソン」(テレビ静岡など主催)の実行委員会は5日、大会の中止を発表した。

 大会は22・8キロなど5部門に分かれ、例年約7千人が参加。第36回の今回も約7100人が参加を予定していた。ランナーの中には大学駅伝の強豪校の選手もエントリーしており、今回は青山学院大、早大など6大学から14選手が草薙陸上競技場を発着するコースを走る予定だった。

 一般参加費5千円など参加費は、大会準備や大会規約にのっとり返金しないとしている。参加申込者には参加賞などの送付を予定しているという。

 事務局はランナーだけでなく、多くのボランティアも参加するため、感染防止の観点から「やむを得ない」とし、中止に関して「ご理解をいただきたい」と語った。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ