PR

スポーツ スポーツ

選抜、通常開催断念に出場校「予想はしていた」

第92回選抜高校野球 新型肺炎の感染拡大を受け、選抜高校野球開催について協議結果を発表する八田英二・高野連盟会長、大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長、大会副会長の齊藤善也・毎日新聞社大阪代表(右から)=4日午後、大阪市西区(彦野公太朗撮影)
第92回選抜高校野球 新型肺炎の感染拡大を受け、選抜高校野球開催について協議結果を発表する八田英二・高野連盟会長、大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長、大会副会長の齊藤善也・毎日新聞社大阪代表(右から)=4日午後、大阪市西区(彦野公太朗撮影)

 通常開催を断念し、無観客試合を前提に準備が進むことになった選抜高校野球大会。日本高校野球連盟の発表を受けて、出場が決まっている各校では4日、会見を開くなど、対応に追われた。

 国士舘(東京)の永田昌弘監督は「3年生は最後の大会なので試合できることは正直、ありがたい。練習は制限されるが最善を尽くしたい」と意気込みを語った。

 開会式は行われず、スタンドでの家族や応援団による応援も認められないとあって、同校の岩渕公一校長は「ブラスバンドなどは夢の舞台に向けて準備してきたのに残念でならないが、世の中の流れ。いたしかたない」と語った。

 その上で、「集まってテレビを見ながら応援することもできないからこそ、選手たちには見ている人を勇気づける試合をしてもらいたい」と話した。

 花咲徳栄(埼玉)の岩井隆監督は、産経新聞の取材に、「粛々と準備を進めていくだけだ。驚きはない。無観客試合の可能性もあると予想はしていた」とした。「限りある時間を最大限に生かして、部員のコンディションを整えて舞台に出してやりたいという一心だ」とも強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ