PR

スポーツ スポーツ

「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置 プロ野球とJリーグが共同で

会見するNPBの斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマン=東京都港区グランドプリンスホテル新高輪(撮影・今野顕)
会見するNPBの斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマン=東京都港区グランドプリンスホテル新高輪(撮影・今野顕)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2日、共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立することを発表した。プロ野球の斉藤惇コミッショナーとJリーグの村井満チェアマンが東京都内での記者会見で明らかにした。第1回会合は3日に開催される。

 同会議では、プロ野球12球団の代表者、Jリーグ理事らに加え、感染症専門家3人の「専門家チーム」で構成。「専門家チーム」には、公式戦開催についてのアドバイスや観客対策の助言などを求め、3月中旬をめどに意見書を取りまとめてもらう。今後の公式戦の開催時期の決定は、それぞれが独自に判断する。

 感染拡大防止のため、Jリーグは先月26日から今月15日までの公式戦計94試合の開催を延期。プロ野球でも、先月29日から今月15日まで、オープン戦を無観客で実施することを決めた。Jリーグでは18日からの公式戦再開、プロ野球では20日の公式戦開幕を模索している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ