PR

スポーツ スポーツ

ママさんランナー、サルピーターがV 五輪はマラソンか1万か

【東京マラソン2020】会見で話すマラソン女子優勝のロナチェムタイ・サルピーター=1日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影) 
【東京マラソン2020】会見で話すマラソン女子優勝のロナチェムタイ・サルピーター=1日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影) 

 1日の東京マラソンで女子はケニア出身の31歳のロナチェムタイ・サルピーター(イスラエル)が、自己記録を約2分縮める世界歴代6位の2時間17分45秒で初優勝。36キロ付近から前々回覇者ベルハネ・ディババ(エチオピア)を突き放し、「とても素晴らしい気分。最後まで自分のペースで走れた」と胸を張った。

 1万メートルでも世界トップクラスの実力を持つママさんランナー。東京五輪に向け、結果次第ではトラック種目に絞る案もあったが「走り終わっても決心はついてない。コーチとゆっくり話したい」と好記録に頭を悩ませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ