PR

スポーツ スポーツ

車いす男子優勝の鈴木、大会記録を大幅更新 東京マラソン

【東京マラソン2020】車いす男子マラソン、1位でゴールする鈴木明樹=1日、東京都千代田区(撮影・今野顕)
【東京マラソン2020】車いす男子マラソン、1位でゴールする鈴木明樹=1日、東京都千代田区(撮影・今野顕)

 東京マラソンの車いす男子は25歳の鈴木が大会記録を4分以上も更新する1時間21分52秒で初優勝を飾った。「気づいたら(後続と)離れていた」。10キロを前に独走態勢を築き、トラック種目で鍛え上げたスピードを最後まで維持した。

 世界選手権を兼ねた昨年のロンドン・マラソンで3位に入り、東京パラリンピック代表に内定した実力者。新型コロナウイルスの感染拡大で、海外招待選手の多くが欠場した今大会を「正直、楽しいレースではなかった」と振り返り、「強い選手が加わると別の展開にになる。東京パラではどんな状況でも対応できる準備をしたい」と気を引き締めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ