PR

スポーツ スポーツ

大迫傑「ベストを尽くせた」 苦杯を原動力に快走演じる 東京マラソン

男子マラソン4位でゴールする大迫傑。ゴール手前で拳を突き上げる。=1日、東京都千代田区(今野顕撮影)
男子マラソン4位でゴールする大迫傑。ゴール手前で拳を突き上げる。=1日、東京都千代田区(今野顕撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 1日に行われた東京マラソンで、28歳の大迫傑(ナイキ)が自身の持つ日本記録を更新する2時間5分29秒をマークして4位に入り、東京五輪男子マラソンの残り1枠の代表入りが有力となった。

 「一人苦しい戦いだったが、しっかり走れて良かった」。自身の日本記録を更新し、堂々の4位。東京五輪切符をぐっと手元にたぐり寄せ、大迫は時折声を詰まらせながら、充実の表情をみせた。

 今大会に臨むにあたり、大迫は昨年9月に行われた東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の3位という結果を正面から受け止めた。

 「2番に入っていれば五輪が内定していた。悔しくないというのは嘘であって、やっぱり悔しさがあって次に進める。いい経験になったというか、僕自身は悔しさをプラスに捉えられている」

 これまでも苦杯を原動力に変えてきた。早大3年時の2012年、ロンドン五輪出場をあと一歩で逃すと、より成長できる環境を求め、米国へと渡ることを決めた。

 MGCも、そうだ。東京五輪最後の1枠には、東京マラソンか、びわ湖毎日マラソン(8日)で、自身の日本記録を1秒上回る2時間5分49秒を突破した最速の選手が入り、該当者がいない場合はMGC3位の大迫が代表入りすることになっていた。最も近い位置にいながら、出場切符を自ら勝ち取るために東京マラソンへの出場に踏み切った。

 そして見事に結果を出してみせた。「自分のペースを信じて走った。ベストを尽くせた」と大迫。できることはやり切った。8日のびわ湖毎日マラソンの結果を待つ。

 ■大迫傑「9月に(代表選考会で)3位になってから一人苦しい戦いだったが、しっかり走れて良かった。山あり谷ありで焦った部分もあった。20、21キロすぎで(先頭集団が)行ったときは駄目かなと思ったが、自分のペースを信じて走った。ベストを尽くせた」

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ