PR

スポーツ スポーツ

車いすで辞退相次ぐ 東京マラソン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、車いすの部は海外招待選手の出場辞退が相次いだ。主催者によると、米国パラ陸連は自国の選手に出場自粛を呼びかけたという。

 既に東京パラリンピック代表に内定している鈴木朋樹(トヨタ自動車)は「海外の強豪がいないからといって手を抜くわけではない。積極的に仕掛けていきたい」。リオデジャネイロ・パラリンピック代表のベテラン洞ノ上浩太(ヤフー)は「招待選手の辞退はとても残念。自分の走りをするだけ」と気持ちの切り替えに努めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ