PR

スポーツ スポーツ

オープン戦無観客試合に巨人関係者は理解の声

全体練習後、笑顔で引き揚げる巨人・原辰徳監督=川崎市・ジャイアンツ球場(斎藤浩一撮影)
全体練習後、笑顔で引き揚げる巨人・原辰徳監督=川崎市・ジャイアンツ球場(斎藤浩一撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、プロ野球オープン戦の無観客での実施が決定してから一夜明けた27日、東京ドームで29日にヤクルト戦が組まれている巨人の関係者からは、理解を示す声が広がった。原監督は「(公式戦開幕日の)3月20日に開幕を迎えるための最善策ということでしょう」と話した。

 岡本は無観客試合となったことに対してファンへの気遣いを口にした上で、「やることは変わらない。しっかり開幕からできるようにしたい」と前を向いた。

 巨人は、春季キャンプを行った沖縄から25日に帰京。27日は川崎市のジャイアンツ球場で練習を行ったが、球団は当面の間、同球場で行われる練習の際に観客席をファンに開放することを見合わせる措置をとった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ