PR

スポーツ スポーツ

新型コロナ対策で無観客試合も 3月兵庫のデ杯テニス

 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船し、検査を受ける乗客(左奥)ら=21日午後1時6分
 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船し、検査を受ける乗客(左奥)ら=21日午後1時6分

 日本テニス協会の福井烈専務理事は21日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで3月6、7日に予定されている男子の国別対抗戦、デビス杯(デ杯)予選の日本-エクアドルについて、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、無観客試合も視野に入れていると明かした。東京都内で報道陣の取材に応じ、主催する国際テニス連盟と連絡を取り合っているとした上で「いろいろな可能性がある。状況は日々変わっている」と説明。エクアドル開催に変更される可能性は低いという。

 同戦は昨年10月に右肘手術を受けた錦織圭(日清食品)の復帰戦となる可能性があり、2日間で約5000枚が用意されたチケットはすでに完売している。日本は勝てば11月の本選進出が決まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ