PR

スポーツ スポーツ

アーティスティック・スイミング代表が「勝負メーク」

緑を基調としたデュエット・フリールーティンのメイクを施しポーズをとる乾(左)と吉田。目尻側に引いた三角形のアイラインがポイント=19日、東京都北区(川峯千尋撮影)
緑を基調としたデュエット・フリールーティンのメイクを施しポーズをとる乾(左)と吉田。目尻側に引いた三角形のアイラインがポイント=19日、東京都北区(川峯千尋撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 アーティスティックスイミング(AS)日本代表が19日、東京都北区の国立スポーツ科学センターで試合用のメーク講習会に参加し、AS代表のオフィシャルスポンサーを務めるコーセーの指導を受けながら今季の“勝負メーク”を披露した。

 この日はチーム・テクニカルルーティン(TR)の「空手2020」、デュエット・フリールーティン(FR)の「進化~エボリューション」のメークを練習。ロボットをテーマとするデュエットFRでは緑色の目元に、三角形のラインを引いて無機質な感じを表現した。

 試合本番では選手自身でメークを施すため、選手らは真剣な表情でプロの技に見入っていた。エースの乾友紀子(井村ク)は「テーマに合っていると思う。演技中の表情が引き立ってみえるように練習していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ