PR

スポーツ スポーツ

中国在住ランナーの参加料免除 来年の東京マラソン

 東京マラソン財団は14日、臨時理事会を開き、3月1日の東京マラソンに不参加だった中国在住ランナーが来年大会に出場する場合、参加料を免除することを決めた。

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同財団は6日、大会にエントリーしていながらランナー受付ができなかったり、自主的にしなかった中国在住者に、来年大会の出場権を与える措置を決定。その後、東京都から一層の配慮を検討するよう要望され、当初は来年大会の際に求めるはずだった参加料を免除することとした。収入への影響額は約3300万円に上る。

 同財団は今回の措置を踏まえ、中国在住者に今年の大会参加を自粛するよう呼び掛けている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ