PR

スポーツ スポーツ

炎鵬が白鵬を下す 「うれしいです」第44回日本大相撲トーナメント

第四十四回大会日本大相撲トーナメント 幕内 ○炎鵬(したてなげ)白鵬×=両国国技館(蔵賢斗撮影)
第四十四回大会日本大相撲トーナメント 幕内 ○炎鵬(したてなげ)白鵬×=両国国技館(蔵賢斗撮影)

 「第44回日本大相撲トーナメント」が9日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、幕内トーナメントでは、横綱白鵬が宮城野部屋の弟弟子、炎鵬の下手投げに屈して敗退した。

 3回戦で夢の対戦が実現した。幕内最軽量の炎鵬が同じ宮城野部屋の白鵬に挑戦。左腕を手繰って懐に入ると、右下手を深くとり、最後は横綱を下手投げで豪快に裏返した。館内の声援を浴び、「よかったです。うれしいです」とさわやかな笑顔を見せた。

 本場所では基本的に同じ部屋の力士は対戦しない。トーナメントならではの一番だ。白鵬とは巡業でも対戦経験はないといい、憧れの人を倒した炎鵬は「忘れられない」とうれしそうだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ