PR

スポーツ スポーツ

五輪レガシー継承組織設立 30年札幌招致も支援

 東京五輪・パラリンピックや昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のレガシー(遺産)継承に取り組む新組織「一般財団法人日本スポーツレガシー・コミッション」の設立が5日、決まった。大型スポーツ大会に携わった人材を活用し、2030年札幌冬季五輪の招致活動などを支援する。

 新組織の最高顧問に就任する東京五輪組織委員会の森喜朗会長、会長に就く河村建夫元官房長官らが東京都内で会合を開催。事務手続きを経て、速やかに設立する方針で一致した。

 役員には日本スポーツ協会や日本オリンピック委員会(JOC)、日本障がい者スポーツ協会の会長らが入る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ