PR

スポーツ スポーツ

ジャパンCの褒賞金増額 外国調教馬の参戦促す

 日本中央競馬会(JRA)は1日、ジャパンカップ(GI)への海外の一流馬の参戦を促すため、同レースに出走する外国調教馬に対する褒賞金を増額すると発表した。

 凱旋門賞(フランス)など24の指定外国競走の同年の勝ち馬などが対象で、ジャパンC1着馬にはこれまで200万ドル(約2億1700万円)だった褒賞金が300万ドル(約3億2500万円)にアップ。2、3着も3倍に増額され、4着以下でも2倍の20万ドルとなる。昨年のジャパンCは史上初めて外国調教馬の出走がなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ