PR

スポーツ スポーツ

「関西魂が出た」幕尻優勝から一夜明けた徳勝龍 一問一答

優勝から一夜明け、会見する徳勝龍=東京都墨田区の木瀬部屋(福島範和撮影)
優勝から一夜明け、会見する徳勝龍=東京都墨田区の木瀬部屋(福島範和撮影)

 大相撲初場所で20年ぶりの「幕尻優勝」を果たした前頭17枚目の徳勝龍。一夜明け会見の一問一答は次の通り。

 --重圧はなかったか

 「いらないことは考えないように、その日の一番に集中していた。重圧はあまりなかった」

 --千秋楽で自身の取組前に優勝を争う正代が勝った

 「あまり見ないようにしていたけど、気になってちらっと見た。すごくいい相撲だったので、集中し直したというか、気合が入った」

 --初土俵から11年で優勝にたどり着いた

 「優勝できるような力士じゃないと思っていたので自分でもまさか。三賞も縁がない力士と思っていたのでびっくり」

 --笑いあり、涙ありの優勝インタビューで館内を沸かせた

 「風呂場で練習していた。関西魂が出た」

 --18日に近畿大時代の恩師、伊東勝人さんが急逝した。

 「遠くで見てくれていたのではなく、近くにいて、土俵の中で一緒に闘ってくれていたような感じ。それしかない」

 --妻、青木千恵さんの支えもあった

 「嫁はひょうひょうとしていた。女性は強い。家では相撲の話はしないし、勝っても負けてもいつも通りにしてくれる」

 --今やりたいことは

 「ゆっくり温泉などに行きたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ