PR

スポーツ スポーツ

【動画・大阪国際女子マラソン】有力選手が会見 小原「ベストを出し尽くす」、松田「自分を超える」 

第39回大阪国際女子マラソン 会見 写真撮影に臨む招待選手の(左から)谷本観月、小原怜、松田瑞生、福士加代子、メスケレム・アセファ、ハフタムネッシュ・テスファイ=24日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪(鳥越瑞絵撮影)
第39回大阪国際女子マラソン 会見 写真撮影に臨む招待選手の(左から)谷本観月、小原怜、松田瑞生、福士加代子、メスケレム・アセファ、ハフタムネッシュ・テスファイ=24日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪(鳥越瑞絵撮影)

 26日に開催される「第39回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)に出場する有力選手が24日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪で記者会見に臨んだ。

 東京五輪代表の最後の1枠を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の指定レース。2時間22分22秒の設定記録を突破し、3月の名古屋ウィメンズマラソンと合わせ最速のタイムをマークすれば代表切符を手にできる。

 昨年9月のMGCで3位だったため、代表内定に惜しくも届かなかった小原怜(29)=天満屋=は「しっかりチャレンジしてベストを出し尽くしたい」と決意を語り、2年前の大阪国際で優勝した松田瑞生(24)=ダイハツ=は「目標は自分を超えること。楽しんで走りたい」と力を込めた。

 ベテランの福士加代子(37)=ワコール=は自身5度目の五輪出場に向け「調子はいいと思います。不安もあるけど、あわよくば勝ちたい」と意気込んだ。

 レースはヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)発着の42・195キロのコースで行われ、26日午後0時10分にスタートする。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ