PR

スポーツ スポーツ

松山と小平は7打差87位 米男子ゴルフ第1日

 米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは23日、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGCの2コース(パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は小平智とともに2バーディー、3ボギーで73の87位と出遅れた。トップと7打差。

 キーガン・ブラッドリー(米国)とセバスティアン・カペレン(デンマーク)が66で首位に立った。今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は5バーディー、2ボギーの69で21位。

 ■松山英樹の話「久々にドライバー(ショット)が良くて逆にびっくりした。その分セカンド以降がなかなかうまくいかなかった。2日目は伸ばさないと予選通過も危ないが、5、6アンダーを出せれば週末おもしろくなると思う」

 ■小平智の話「15番で急に霧が出て、何も見えなくなって中断。こんなことあるんだな、とびっくりした。その後連続バーディーを取れた。そこまで3ボギーだったので、いい切り替えになった。巻き返したい」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ