PR

スポーツ スポーツ

ゴルフ選手会会長に時松 石川は副会長でサポート

 ジャパンゴルフツアー選手会は23日、東京都内で理事会を開き、新会長に時松隆光(26)を選出した。任期は2年。石川遼は会長を1期で退き、PR担当の副会長として時松会長を支える。

 副会長は他に池田勇太、小鯛竜也で、計3人。新たに就任した中西直人、星野陸也ら計13人が理事を務める。

 歴代15人目の会長となった時松は2012年にプロに転向。16年にツアー初優勝、通算3勝を挙げている。テレビのバラエティー番組でも活躍し、「源ちゃん」の愛称で知られている。

 理事会後、取材に応じた時松会長は「不安しかないが、石川副会長をはじめ、多くの方が『フォローする』と言ってくださっている。ファンとの関係を大切にしたい」と抱負を語った。

 石川副会長は「(時松は)信頼できる後輩。選手会が一丸となってサポートしたい」と話した。

 今季の男子ツアーは4月16日からの東建ホームメイト・カップ(三重)が国内初戦となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ