PR

スポーツ スポーツ

招待選手にフグ、喜納ら 東京マラソン車いす部門

 東京マラソン財団は21日、3月1日に開催される東京マラソン車いす部門の招待選手を発表し、前回覇者である男子のマルセル・フグ(スイス)、女子のマニュエラ・シャー(同)らが名を連ねた。

 日本勢は男子が前回4位の洞ノ上浩太(ヤフー)や同6位の鈴木朋樹(トヨタ自動車)、女子は昨年11月に日本記録をマークした喜納翼(タイヤランド沖縄)らが参戦する。副島正純レースディレクターは「男子はフグ、(ダニエル・)ロマンチュク、鈴木を軸に展開されるのでは。女子はアボット・ワールド・マラソン・メジャーズで9連勝中のシャーが最有力でしょう」とコメントした。

 東京パラリンピックのマラソンとコースが一部重なる東京マラソンは、選手たちにとって前哨戦となる。今大会は男女とも優勝賞金を従来の100万円から200万円にするなど入賞賞金を増額。37・5キロ地点を基準タイムより速く通過した上位3選手にも賞金を出すなどして高速化を促す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ