PR

スポーツ スポーツ

ラグビーW杯4大会出場のトンプソンが最終戦 異例の1万4千人

【ラグビー トップチャレンジリーグ 栗田工業対近鉄】ファンサービスするトンプソン・ルーク=秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影)
【ラグビー トップチャレンジリーグ 栗田工業対近鉄】ファンサービスするトンプソン・ルーク=秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ラグビー日本代表としてワールドカップ(W杯)4大会に出場したロックのトンプソン・ルーク(38)=近鉄=が19日、東京・秩父宮ラグビー場で現役最終戦となるトップチャレンジリーグ最終節の栗田工業戦にフル出場し、74-0での大勝に貢献。7戦全勝の優勝で花道を飾った。

 下部リーグとしては異例の1万4599人が来場。トンプソンにはウオーミングアップ中から「トモ」「トモさん」と愛称でスタンドのあちこちから声がかかり、背番号4がボールを持つたびに歓声が起きた。

 日本代表71キャップのベテランは8強入りに貢献した昨年のW杯日本大会同様、泥臭く献身的なプレーでチームを支え、大差のついた終盤にはトライ後の至近距離からのゴールキックを決める場面も。後半ロスタイムにもチームメートに促されて右からゴールキックを狙ったが外れ、これが現役最後のプレーとなった。

 試合後はピッチ上で引退セレモニーが開かれ、トンプソンは「すごくいいフィニッシュ。みなさん(来日した)16年前から今まで応援してくれ、いいメモリーばかり。本当にありがとうございました」とあいさつ。背番号4入りのそろいの赤いTシャツを着たチームメートらと記念撮影後、胴上げされた。

 ニュージーランド出身のトンプソンは2004年に来日し、10年には日本国籍を取得。W杯には07年大会から4大会連続で出場し、日本代表の最年長出場記録も樹立した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ