PR

スポーツ スポーツ

奥川、右肘に軽い炎症 燕ドラ1、ノースロー調整に

 ヤクルトの小川淳司ゼネラルマネジャー(GM)は16日、ドラフト1位新人の奥川恭伸投手(石川・星稜高)が15日に横浜市内の病院で右肘に軽い炎症があると診断されたと明らかにした。「昨年11月のメディカルチェックで軽い炎症が確認されていた。経過観察で再検査し、ごく軽い炎症が残っていると分かった」と説明し、炎症が治まるまでは投げる練習は行わないことになった。

 奥川は埼玉県戸田市の球団施設で行われている新人合同練習でランニングや守備練習を行い「違和感は全くないので」と明るく話した。

 14日の練習では約80メートルの遠投を行うなど症状は軽く、慎重を期しての判断。「体幹など弱い部分の強化に取り組める期間としてプラスに捉えている。元々この一年は土台作りという気持ちを持っていた。焦りは全くない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ