PR

スポーツ スポーツ

厚底シューズ、禁止へ 複数の英メディアが報じる

ナイキの厚底シューズを履いて力走する中村匠吾(右端)ら=令和元年9月、東京・銀座
ナイキの厚底シューズを履いて力走する中村匠吾(右端)ら=令和元年9月、東京・銀座

 陸上の長距離で好記録が続出して注目されている米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」が、世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英メディアが報じた。

 デーリー・テレグラフ紙(電子版)は世界陸連の専門家による委員会が検証し、底の厚さに制限を加える規則を設けることになったと報道。現在人気を集めているモデルはトップレベルでは使用が禁じられるとした。

 同社の厚底シューズは炭素繊維のプレートが埋め込まれ、高い反発力が売り。マラソンの世界記録を持つ男子のエリウド・キプチョゲ、女子のブリジット・コスゲイ(ともにケニア)や日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)ら多くのトップ選手が履いている。

 年始の箱根駅伝でも大半の選手が着用。区間新記録が相次ぎ、大会記録も大きく更新された。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ