PR

スポーツ スポーツ

変わらぬDNA 静学、四半世紀ぶりの戴冠 全国高校サッカー

集合写真におさまる静岡学園イレブン=埼玉スタジアム(山田俊介撮影)
集合写真におさまる静岡学園イレブン=埼玉スタジアム(山田俊介撮影)

 サッカーの第98回全国高校選手権決勝が13日行われ、静岡学園が青森山田を破った。

 静岡学園は最後まで攻撃の手を緩めなかった。4点目を狙った草柳のシュートが外れた直後、24大会ぶりの優勝を告げる笛が鳴った。「磨き上げた戦い方を貫けた」。主将の阿部はピッチに倒れこみ、歓喜に浸った。

 1-2で迎えた後半、息を吹き返した。中盤の選手は距離感を狭めてパス交換。中央に相手守備の注意を引きつけてからサイドを攻略するスタイルで何度も青森山田ゴールに迫った。

 後半16分、左サイドの草柳が相手選手の間を縫って中央へドリブルし横パス。加納はワンタッチで相手DFをかわすと左足を振りぬいた。「自分の形。思い切ってやれた」と背番号9。静岡学園ならではの得点で、逃げ切りを図る青森山田の気持ちを断ち切った。

 エース松村(大阪出身)にとどまらず、今は静岡県外出身者が多数を占める。ドリブルとショートパスを重視する“静学(しずがく)”のDNAは不変だ。練習の合間にリフティングを行い、ポジションに関係なくシュートとドリブルの技術を磨く。「勝負できる個人を育てる姿勢はずっと変わっていない」。川口監督は胸を張った。

 サッカー王国と称されながら静岡県勢は直近4大会で初戦敗退。地元出身の加納は「最近、静岡は弱いといわれてきた。なんとか見返したかった」。四半世紀ぶりの戴冠を王国復活につなげていく。(五十嵐一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ