PR

スポーツ スポーツ

バド桃田選手が全身打撲 マレーシアで交通事故に遭う 運転手死亡

桃田賢斗選手らを乗せ、事故に遭ったワゴン車=13日、クアラルンプール近郊(マレーシア消防当局提供・共同)
桃田賢斗選手らを乗せ、事故に遭ったワゴン車=13日、クアラルンプール近郊(マレーシア消防当局提供・共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

【プノンペン=森浩】マレーシアで13日午前、東京五輪での金メダル獲得が期待されるバドミントン男子の桃田賢斗選手=NTT東日本=が乗った車が交通事故に巻き込まれ、桃田選手が負傷した。日本バドミントン協会によると、桃田選手は顔面の裂傷のほか、全身打撲を負ったという。

 地元消防当局などによると、事故は現地時間13日午前5時ごろ、首都クアラルンプールと国際空港を結ぶ高速道路で発生。桃田選手ら日本人3人を乗せた車が前方の大型トラックに追突したもようだ。この事故で車を運転していたインド人男性が死亡した。

 マレーシアのサイドサディク青年・スポーツ相は病院で桃田選手らと面会し、最善の治療を受けられるよう約束した。ズルキフリ保健相は「CT検査などの結果、(桃田選手に)深刻なけがはなかったと聞いている」と説明した。在マレーシア日本大使館の岡浩大使も見舞いに駆け付けた。

 国営ベルナマ通信によると、12日に桃田選手の試合を観戦したマハティール首相の妻、シティ・ハスマさん(93)が病院を訪問。同通信が配信した写真には、鼻や右腕にガーゼを当て、眉間に切り傷のある桃田選手が写っている。

 日本バドミントン協会によると、車には桃田選手のほか、サポートスタッフで同行していた平山優コーチ(日本ユニシス)、トレーナーの森本哲史さんらが乗っていた。3人とも命に別条はないが、病院で治療を受けているという。桃田選手は鼻を骨折したとの情報もあるが、同協会は確認していない。

 桃田選手は男子シングルス世界ランキング1位。12日までクアラルンプールで開催されたマレーシア・マスターズで優勝。日本に帰国するため、国際空港へ移動中だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ