PR

スポーツ スポーツ

【春校バレー】古川学園、20年ぶりVならず メリーサ「来年は誰にも負けない」

第3セット、失点し悔しがる古川学園の選手たち=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
第3セット、失点し悔しがる古川学園の選手たち=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で、男女の決勝2試合が行われた。東北勢は女子・古川学園(宮城)が前回準優勝の強豪・東九州龍谷(大分)と対戦。ストレートで敗れ、20年ぶりの優勝はならなかった。

 古川学園は、立ち上がりから東九州龍谷の多彩な攻撃に翻弄(ほんろう)され、連続失点。メリーサが強力なスパイクで応戦するも、相手の安定したレシーブに拾われ、主導権を完全に握られてしまう。その後も相手の好サーブに守備を崩され、失点を重ね、第1セットを先取された。

 第2セットも、東九州龍谷の強力なスパイクが炸裂(さくれつ)。上沢やメリーサがブロックに跳ぶも止めきれず、リベロ深沢、遠藤も懸命にボールを拾い続けたが、点差を縮めることができない。左右から放ったスパイクも相手の高さのあるブロックに阻まれ、このセットも落としてしまう。

 後がなくなった第3セットは一転、野呂や杉木のレフトからのスパイクが決まり、中盤までリードを奪う。しかし岡崎典生監督の「焦りから、いつもの攻撃ができていなかった」との言葉通り、攻撃が単調になり始め、逆転を許す。それでも、会場に駆けつけた応援団の大声援を背に、メリーサが執念のスパイクを連続でたたき込むなど粘り続けたが、相手のコートを広く使った攻撃に守備で的を絞ることができない。22-25で押し切られ、涙をのんだ。

●古川学園・岡崎典生監督「最初から相手にのまれていた。決勝を経験した2年生が残っており、来年も春高で日本一を目指す」

●古川学園・上沢沙織主将「ブロックが機能しなかった。自分たちの気持ちの弱さが出た。後輩には日本一になってほしい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ