PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】大阪の男子・清風、女子・金蘭会ともに敗れる

【第72回春の高校バレー】女子準決勝 東九州龍谷(大分)対金蘭会(大阪) 試合に敗れた金蘭会の選手ら=11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
【第72回春の高校バレー】女子準決勝 東九州龍谷(大分)対金蘭会(大阪) 試合に敗れた金蘭会の選手ら=11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の準決勝4試合が行われ、府代表の男子・清風は駿台学園(東京)に1-3で敗れた。3連覇を狙う女子・金蘭会は、東九州龍谷(大分)に惜敗。府代表は男女ともに姿を消すこととなった。

 主将・工藤を中心とした「全員バレー」を掲げる清風は、駿台学園と激突したが、及ばず、2年連続の決勝進出はならなかった。

 第1セット、「今年こそ優勝」の思いで臨んだ西崎のレフト攻撃が炸裂(さくれつ)し、果敢に攻める。だが、相手の速攻など巧みな攻撃に苦しみ一進一退の展開。22-25でセットを落とした。

 第2セット、清風は一条の時間差攻撃で先制。着実に点を積み重ね、25-19でこのセットを取り返した。

 第3セットは互角の展開に持ち込んだものの、駿台学園の強打と高いブロックに押し込まれる場面が徐々に増え、このセットを奪われる。

 第4セットは先制されるも清風も意地で食らい付く。リベロの南口が献身的にボールを拾うと、西崎、工藤ら攻撃陣も奮い立ち、力強いバックアタックなどで応えるが、流れを変えることはできなかった。

 速攻やネット際のレシーブでチームを支えた山本航は「相手のプレッシャーが強く、ミスをした。工藤をもっと助けられればよかった」と涙を流した。

清風・山口誠監督「3セット目が勝負だった。苦しみながら準決勝まで来た。結果は負けだが成長できた。感謝しかない」

清風・工藤有史主将「センターコートに戻ってきて、自分たちの最高のプレーを出そうと臨んだが最後まで貫けなかった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ