PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】都勢は男子・駿台が決勝へ 女子・共栄は涙

【第72回春の高校バレー】男子準決勝 駿台学園(東京)対清風(大阪) 第3セット スパイクを放つ駿台学園・金田晃太朗(1)=11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
【第72回春の高校バレー】男子準決勝 駿台学園(東京)対清風(大阪) 第3セット スパイクを放つ駿台学園・金田晃太朗(1)=11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の準決勝計4試合が行われた。都代表の男子・駿台学園は清風(大阪)に3-1で勝利。女子・共栄学園は古川学園(宮城)に2-3で惜敗した。駿台学園は12日に行われる決勝で、東山(京都)と対戦する。

駿台学園 攻守に底力

 高い攻撃力が持ち味の両校。手に汗握る熱戦が繰り広げられたが、駿台学園が底力を見せつけ、決勝に駒を進めた。

 第1セットは、駿台学園の猛攻と清風の堅守がぶつかり合う一進一退の攻防。終盤に染野のブロックが決まり、流れを引き寄せた駿台学園がセットを先取した。

 第2セットは一転、先行を許す苦しい展開。ユース日本代表でもある伊藤主将の強打などで食らいついたが、徐々にリードを広げられ、セットを落とす。続く第3セット、多彩な攻撃を見せる相手に対し、駿台学園は時間差攻撃などで着実に加点。最後は金田の強打でセットを奪った。

 勝負の第4セット、序盤に山崎の巧打などで差を広げるものの、中盤で同点に追いつかれる。それでも、染野、森居の2枚ブロックで攻撃を阻むと、相手のミスも重なり、一気に突き放す。最後は伊藤の強打で熱戦を締めくくった。

 ○駿台学園・梅川大介監督「自分たちの力を発揮して、いい試合を見せられたと思う。決勝もチーム一丸ですばらしい試合にしたい」

 ○駿台学園・伊藤吏玖(りく)主将「危ないゲームだったが、勝ち切ることができてうれしい。ブロックで相手のミスを誘う作戦で、優勝したい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ