PR

スポーツ スポーツ

早大が11大会ぶりV、明大を45-35で下す ラグビー大学選手権決勝

前半、トライを決める早稲田大・丸尾崇真=国立競技場(塩浦孝明撮影)
前半、トライを決める早稲田大・丸尾崇真=国立競技場(塩浦孝明撮影)

 ラグビーの全国大学選手権は11日、完成したばかりの東京・国立競技場に5万7345人の大観衆を集めて決勝を行い、関東対抗戦2位の早大が同1位の明大を45-35で破り、11大会ぶり最多16度目の優勝を果たした。明大は2連覇を逃した。

 早大は前半、SH斎藤主将のPGで先制後、ナンバー8丸尾やCTB長田がトライを決め、鋭い防御も機能して31-0の大量リードを奪った。後半は明大に猛追されたが、終盤にWTB桑山のトライで突き放し、昨年12月の関東対抗戦で7-36と完敗した宿敵に雪辱した。

 明大は後半、ロック箸本らが計5トライを挙げて食い下がったが、前半の大量失点が響き、14度目の頂点には一歩届かなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ