PR

スポーツ スポーツ

東福岡、日本一奪還ならず 春高バレー

【第72回春の高校バレー】男子準々決勝 東山(京都)対東福岡(福岡) 第2セット ブロックに跳ぶ東福岡・松岡拓弥(5)と本部翔太(3)=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)
【第72回春の高校バレー】男子準々決勝 東山(京都)対東福岡(福岡) 第2セット ブロックに跳ぶ東福岡・松岡拓弥(5)と本部翔太(3)=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の3回戦と準々決勝の計24試合が行われた。山口県代表の男子・高川学園は3回戦で松本国際(長野)に敗れた。女子・誠英は3回戦で延岡学園(宮崎)を破ったが、東九州龍谷(大分)に完敗した。福岡県代表の男子・東福岡も、準々決勝で東山(京都)を前に敗退した。

 東福岡にとって2連覇を遂げた第68回以来の日本一奪還は、今年もかなわなかった-。

 準々決勝の第1セット、東山の硬軟織り交ぜた攻撃に翻弄され、中盤までに13対9とリードを許す苦しい展開に。

 この日の3回戦で不来方(こずかた)(岩手)をストレートで破った後のミーティングで、藤元監督は2年生エース柳北(やなきた)に「スイッチを入れろ」とハッパをかけた。これが奏功したか、柳北は打点3メートル45センチの高い打点からのスパイクを決めるなど東山を追いかけた。しかしそれも粘り強く拾われ、先行する場面を作れずにこのセットを落とす。

 続く第2セットでは、柳北に次ぐ長身191センチの本部(ほんべ)がブロック、スパイクに活躍した。しかし、大きくコート外に出たボールを返す東山の攻撃に対応しきれないなど集中力を欠く場面も見られ、力尽きた。

 東福岡・藤元聡一監督 「忍耐という言葉では表せないほど3年生はがんばってきたのだが…。柳北が本調子であれば、十分勝機はあった」

 東福岡・広田大騎主将「勝ちたい、日本一を取りたい一心でがんばってきた。力不足で悔しい。後輩たちは来年こそ日本一をとってもらいたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ