PR

スポーツ スポーツ

東山が4強、京都橘は惜敗 春高バレー

【第72回春の高校バレー】男子準々決勝 東山(京都)対東福岡(福岡) 第2セット 試合に勝ち喜ぶ東山の選手たち=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)
【第72回春の高校バレー】男子準々決勝 東山(京都)対東福岡(福岡) 第2セット 試合に勝ち喜ぶ東山の選手たち=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高校選手権は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女3回戦と準々決勝の計24試合が行われた。男子3回戦で東亜学園(東京)にストレート勝ちした府代表の東山は、準々決勝で東福岡(福岡)を接戦の末にセットカウント2-0で制して準決勝に進出した。女子・京都橘は、3回戦で共栄学園(東京)にフルセットの末に惜敗した。11日の準決勝で、東山は松本国際(長野)と対戦する。

 初対戦の東福岡は、昨年の高校総体でともに準決勝で敗れたベスト4同士。

 第1セットは序盤から僅差で追いかけられる展開が続いた。しかし、中盤以降は東福岡のミスなども重なり、大会屈指のスパイカーで絶対エースの主将・高橋の強烈な左からのスパイクに加え、楠本の速攻や吉村のバックアタックなど多彩な攻撃で25-18と逃げ切った。

 続く第2セットは、高橋へのマークが一層厳しくなり、東福岡の猛攻に遭った。しかし、コート外に大きく出たボールを最後まであきらめずにつないで攻撃に結び付けるなど粘り強い「東山のバレー」を見せ、最後は高橋がスパイクを決めてベスト4への切符をつかんだ。

東山・豊田充浩監督 「チームの持ち味が随所に出せた。準決勝で対戦する松本国際には昨年の高校総体の準決勝で負けているのでリベンジしたい」

東山・高橋藍(らん)主将 「接戦になったら打ち切るエースとしての責任も果たせた。次は夢の舞台のセンターコートで、日本一を目指したい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ