PR

スポーツ スポーツ

清風、金蘭会が4強入り 春高バレー

【第72回春の高校バレー】女子準々決勝 金蘭会(大阪)対熊本信愛女学院(熊本) 第2セット 得点が入り喜ぶ金蘭会の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)
【第72回春の高校バレー】女子準々決勝 金蘭会(大阪)対熊本信愛女学院(熊本) 第2セット 得点が入り喜ぶ金蘭会の選手ら=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(須谷友郁撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。府代表の男子・清風は福井工大福井(福井)と西原(沖縄)を、女子・金蘭会は東京都市大塩尻(長野)と熊本信愛女学院(熊本)をいずれもストレートで下し、4強入り。11日の準決勝で清風は駿台学園(東京)と、金蘭会は東九州龍谷(大分)と対戦する。女子・大阪国際滝井は3回戦で富山第一(富山)を下したものの、準々決勝で共栄学園(東京)にフルセットで惜敗した。

 大阪国際滝井は、強豪・共栄学園を相手にフルセットにもつれ込む激闘の末に力尽きた。立ち上がりから一進一退の攻防。リベロ山本が共栄学園のアタッカー陣の強打を拾い続ける。終盤の長いラリーを中本のスパイクで制し逆転すると、浜田、清岡の1年生コンビのブロックや中本のアタックが決まり、第1セットを先取する。

 第2セットでは序盤、高柳のアタックでリードする。中本や鹿嶋がスパイクで攻め立てるも、共栄学園の高さのある攻撃に守りを崩され、22-25でこのセットを落とす。最終セットは清岡のスパイクや浜田のサービスエースで流れを引き寄せるも、コートの隙を突く相手の的確な攻撃に対応しきれず、涙をのんだ。

 大阪国際滝井・才崎哲次監督「相手ブロックの高さに対応できなかった。チームは悔しさをばねに、さらに上を目指してほしい」

 大阪国際滝井・高柳美里主将「相手攻撃の高さや速攻に苦しんだ。下級生が要所でアタックを決めてチームを支えてくれた」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ