PR

スポーツ スポーツ

長野・松本国際、土壇場で「本来の力出せた」 春高バレー4強入り

【松本国際-大村工】第3セット、得点に喜ぶ松本国際・柳田歩輝(1)=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
【松本国際-大村工】第3セット、得点に喜ぶ松本国際・柳田歩輝(1)=7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女3回戦と準々決勝計24試合が行われた。県代表の男子・松本国際は大村工(長崎)を破り、準決勝進出を決めた。

 3回戦で高川学園(山口)をストレートで下した勢いそのままに、松本国際は準々決勝でも大村工に付け入る隙を与えなかった。

 立ち上がりから、エース同士の激しい打ち合い。守備が乱れる場面もあったが、粘り強いバレーでセットを先取する。

 続く第2セットも一進一退の攻防が続く。エース柳田は、体勢を崩しながらも必死で打ち込み、仲間を鼓舞。だが、相手の巧みな攻撃にブロックが機能せず、リズムをつかめない。19-25で落とし、勝負はフルセットにもつれ込む。

 迎えた最終セット、「ようやく本来の力が出せて、勢いにのった」という柳田が、中盤から高い打点のスパイクを連発。一気に突き放し、勝利を収めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ