PR

スポーツ スポーツ

駿台「強い気持ち」 共栄「サーブよかった」 春高バレー、都勢2校4強

鎮西を破り、喜ぶ駿台学園の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ
鎮西を破り、喜ぶ駿台学園の選手=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(調布市)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。3回戦で、都代表の男子・東亜学園は東山(京都)にストレート負け。開智(和歌山)に快勝し、準々決勝に進んだ駿台学園は鎮西(熊本)をフルセットで破った。女子・共栄学園は3回戦で京都橘、準々決勝で大阪国際滝井に勝利。3回戦で福井工大福井を破った八王子実践は、準々決勝で古川学園(宮城)にストレートで敗れた。11日に行われる準決勝で、駿台学園は清風(大阪)と、共栄学園は古川学園とそれぞれ対戦する。

 【男子】

 駿台学園は準々決勝で互いに全国制覇を経験し、手の内を知り尽くした強豪・鎮西と対戦。白熱したシーソーゲームの末、最後は駿台学園が逃げ切った。

 フルセットにもつれ込んだ熱戦で目立ったのは、両エースの意地をかけたスパイク合戦だった。

 197センチと大会屈指の身長を誇る主将の伊藤と、抜群の決定力が持ち味の鎮西エースが要所でスパイク、ブロックを決め合い、両チームとも一歩も譲らない展開が続いた。

 勝負を分ける第3セット中盤、鎮西が集中力を欠き、サーブやスパイクでミスを連発。駿台学園は伊藤の強烈なスパイクで畳みかけ、食い下がるライバルに、引導を渡した。

 駿台学園・梅川大介監督の話「互いの技術に差がなく、つらい試合展開だった。だが絶対に負けないという強い気持ちで勝利を引き寄せた。選手はよくやった」

 駿台学園・伊藤吏玖(りく)主将の話「(これまで)2年連続初戦敗退で悔しい思いをしたが、これでセンターコートに行ける。日本一を目指したい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ